そんなコトすると松は枯れるよ!失敗の原因ベスト3を緊急公開

最近よく松が枯れるということを聞き、お客さんの元を訪れることが多くなりました。

なぜそんなに松が枯れるのか?

どんなことをすれば松は枯れるのか?

重要ですので、ここでは、失敗の原因ベスト3を緊急公開します。

松枯れ

松が枯れる一番の原因は高齢化かも

私は松が枯れることの大きな原因は、高齢化により松を剪定できる人が少なくなってきていることだと思っています。

お金があれば信頼のおける庭師さんに剪定を頼めば済む話ではあります。

昔はどこでも施主様自身で剪定作業を行なっていたと聞くことが多くあります。

その施主様も歳をとって亡くなると、後継者は大きくなってしまった松の管理で大変な思いをします。

大きな松だと業者に剪定を頼めば、1本数万円。
10本もあれば数十万円です。

それが毎年続くんです!

昔から伝わる大事な松だとしても、後継者の方にとって、毎年そんなにお金が飛んで行くことは耐えきれないはずです。

 もしも私が、松の存在に興味がなかった昔であれば、それと同じ状況であれば伐採するかもしれません。

 もしも小さい松で、自分で剪定ができそうと思っていてもやり方がわからないので、バッサバッサと刈り込みばさみで切って枯らしているかもしれません。

このような高齢化が起きていること、松を自分で剪定できる人のバランスが悪くなったことが、松が枯れる一番の原因に繋がっていると思っています。

私としては、庭師などに頼むのがベストだと思っていますが、確かに料金は高いです。

しかも、最近では「にわか仕込みの庭師」が増えていますので、当たりが悪いと松を枯らされる心配も出てきます。

松が枯れる一番の原因は高齢化だとお伝えしましたが、これはそのような時代背景に移り変わったことで起きています。

さて、時代背景を考慮しない場合では、どのようなことで、松が枯れるのでしょうか?

いよいよ、松が枯れる失敗の原因ベスト3を、第3位から順に公開します。

松が枯れる原因・第3位

【第3位】

 剪定を怠った結果、枝が伸びすぎて太枝をバッサリスッキリ切ってしまう

松は剪定をしてあげないと樹形が乱れてきます。

素人の方に多いのですが、毎年剪定をしてあげないで、数年も放っておくとドンドン太い枝が伸びてきます。

太い枝が伸びてきて、気になりだすとどうしても太枝を切りたくなります。

太枝を切ると松は結構な確率で樹勢が弱くなります。

もちろん素人なので樹勢のことは知る由もありません。

どこをどう切ってよいのかすらも知りません。

そして切り始めたらスッキリするまで止まりません。

キレイになればいいという感じでしょうか。

なんとなく幹と枝が樹形を残している感じですが、もはや松ではなく雑木のような扱いになっているかもしれません。

結果的に、その松は枯れる可能性の高くなってしまうのです。

松の樹齢が若ければ生きるかもしれませんが、老木の場合は枯れる可能性が高くなります。

このように剪定を怠り、伸びた太枝をバッサリスッキリ切ることが、松が枯れる原因の 第3位 になります。

松が枯れる原因・第2位

【第2位】

 時期を間違った強い剪定

ご自身で松の剪定ができない場合は誰かに頼むという行動に移すと思います。

この場合の事例は、ご依頼者様が松を枯らすという原因ではなく、依頼した業者が枯らしてしまう原因になります。

たとえば「にわか仕込みの庭師」には気を付けたいです。

「にわか仕込みの庭師」は、松が老木で樹勢が弱いとか、剪定時期の良し悪しとか、どのような剪定をするとか、現在の松の状態を把握することができません。

だから、樹勢とか剪定時期などいつもと変わらない同じ剪定作業をしてしまいます。

すると、どうなると思いますか?

↓ 樹勢が弱っている老木の松を間違った時期に強い剪定をすれば、次第に枯れる方向に向かっていきます。
松枯れ

この場所は、非常に風当たりが強く、冬は雪が多い地域です。

昨年の冬に強い剪定を施されたらしく、今春から徐々に上部から枯れてきたようです。

「かなり古い老木で、なんとか生かしたいけど、なんとかならない?」
と、治療を依頼された松です。

↓ 下の方は何とか枯れていません。
4.5b松
枯れ枝や枯れ葉をとったり、栄養剤を与えたりしました。
上から徐々に枯れてきていますし、樹勢が弱くなってきているので、今後どうなるのかわかりません。様子見です。

この事例は「にわか仕込みの庭師」により、時期を間違った強い剪定が松が枯れる原因の 第2位 になりますが、素人さんにも同じように言えます。

これも、結構多い事例です。

松が枯れる原因・第1位

【第1位】

 除草剤を根元周辺に撒く

これが、今まで出会った一番多い失敗事例で、相当な数を体験しました。

体験と言っても、私が除草剤を撒いた当事者ではなく、お客様自身で撒いて失敗した事例です。

松は根本付近だけに根があるわけではなく、根元からどこまで伸びているかわかりません。

根が伸びている場所に除草剤を撒いてしまうと、あっという間に松は枯れてしまいます。

特に、粒剤系の除草剤は強くジワジワと効いていきます。

松すべてが枯れる場合もあります。
一部で留まる場合もありますが、その場合でも樹勢は弱くなるので、除草剤をどの程度撒いたかでも枯れ具合は変わります。

なので、松の状態にもよりますが、松が枯れた場合に一番初めにお客様に聞くことは、除草剤を撒いたかどうかです。

今まで枯れたお宅10件くらいで聞いたら、100%の確率で撒いたと言われました。

悲しいことに、そのくらい松の手入れ件数が少なくなったという事になります。

松が枯れる失敗の原因ベスト3 のまとめ

松が枯れる失敗の原因の3つをまとめますので、松の剪定・管理に役立てて下さい。

松が枯れる失敗の原因

 1位.除草剤を根元周辺に撒く
 2位.時期を間違った強い剪定
 3位.剪定を怠り、伸びすぎた太枝をバッサリ切る

私の過去の失敗経験や、色々な失敗をした方から話を聞くと、このような原因で松が枯れる事例が多く発生しています。

大事な松を枯らしたくなかったら、最低でもこのようなことを行なわないことで、枯れを防げる可能性は高まります。

魅力的な樹木がある観光地を探索!

人気のカテゴリー

ウメ

マツ

サクラ 剪定

剪定ばさみ

キンモクセイ

シダレウメ 剪定

モミジ

サルスベリ

カキ

クリ

ツツジ

ツバキ

害虫駆除