bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

サクラの木を枯らさない剪定方法と時期




サクラの木は大きく伸びるため、剪定が必要になってきます。

よくサクラ切るバカと言われますが、冬の休眠期以外に太い枝を切ると枯れやすいことは間違いないです。

サクラの木を枯らさない剪定時期はいつがいい?

サクラの剪定は落葉時期に行うのが基本的な考えで、特に葉が落ちた直後の11月頃が一番よいです。

4.5-2サクラは大きくなりすぎた時に始めて慌てて気がついて切ろうとするから、しかたなく太い枝で切る羽目になる場合が多いようです。

だいたいサクラが大きくなったと気づくのは葉っぱが生い茂り大きく見える時期や病害虫は増えた時がほとんどで、その活動期に太い枝を切ってしまうので枯れる可能性が高いのです。

サクラの剪定は落葉時期に行うのが基本的ですが、いくら落葉時期の剪定が良いとはいえ太い枝を切るということは、人間で言えば腕を切るのと一緒と思ってください。麻酔して寝ている間に腕を切られるわけです。切り口は消毒して細菌に犯されないようにしていても大きな外科手術をしたことには変わりありません。体力も栄養もその分必要になることはお分かりかと思います。サクラの剪定でも同じことがおこっているんです。

4.5-1葉が落ちた直後の11月頃が一番よい理由に、サクラの剪定を乾燥の激しい低温期にすると切り口が傷みやすいことがあります。
そして春近くになり根が活動し始めた時に剪定すると切り口から樹液が出て樹勢を弱めたり、切り口に腐敗菌が繁殖する恐れがあるので、真冬や花の咲く直前の剪定は避けて葉が落ちた直後の11月頃に剪定してください。

剪定したあとの切り口は、太枝も中枝もユゴウ剤やツギロウを厚めに塗って切り口からの枯れ込みや菌の繁殖を防いでください。

太枝で切ると切り口が枯れこみやすいので、毎年小さな枝のうちに剪定することがポイントです。
人間に例えるなら髪の毛を毎年切る感じと似ています。これなら体力的にも問題がなく清潔できれいにしていられるメリットのほうが大きいです。

サクラの木を枯らさない剪定方法

ここから説明するサクラの木を枯らさない剪定方法は落葉時期に行うことを前提にお伝えします。

サクラが活動している夏期の剪定はおすすめできないので、もしも夏期にする場合は枯れや細菌の繁殖は免れないものと覚悟して行ってください。

サクラの木を大きさに関係なく育てる場合は木の頂上の枝の先端を軽く切る程度の剪定で十分です。混みあった枝や絡み合った枝、弱った枝などを枝の付け根から間引き、さらに徒長ぎみの横枝を枝の基部から間引く剪定でよいです。

少し太い枝を間引く時は枝の付け根で切り、ユゴウ剤やツギロウを塗って切り口の処置を必ず行います。
4.5-5a

強剪定でサクラを枯らさないポイント

太い枝を切る強剪定をして高さや幅を狭めて育てる場合は、2年くらい経過した枝が 3本くらいまとめて出ているところを探し、木の内側に向かって生えた「ふところ枝」を必ず残して切り詰めると良い、というのが剪定本などで語られている基本的なことですが、要は伸びすぎて太くなった枝は周りの枝の状況を見て、切った時にまんべんなくお日様が当たるように、混みいらないようにすれば良いのです。

枝葉がこみ過ぎて密集すれば病害虫の原因となります。逆に「ふところ枝」のないところで切ると枝が枯れたり不定芽を出し姿を乱してしまうことになります。

4.5-6a

切り詰める場合は必ず枝の分岐点で残す枝の伸びる方向にそって切ることが大事ですが、あまり幹に近いところで切ることは枯れる原因になるので避けてください。枯れるくらいなら少し長めに残しておくことをおすすめします。合わせて切り口後の処置も必ずしておくと良いです。
4.5-10 4.5-11

4.5-13 4.5-15

数年後の切り口ですが周辺から徒長枝が出ているのでこれも切っておいてください。
4.5-9

これよりももう少し長めに切っておいたほうが良さそうです。
4.5-12

家を建てる時に5月に業者に切ってもらいましたが、完全に幹に近い部分で切ったあとが腐れている状態です。ここにアリが巣を作って大変なことになっています。
4.5-17


2016/03/12 サクラの木を枯らさない剪定方法と時期 はコメントを受け付けていません。 サクラ

血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa