剪定

ツゲの剪定時期と季節に適応した剪定方法





ツゲは玉ものや仕立て物、生け垣にして
四季を通じて鑑賞するのが一般的になっています。

ツゲの葉は密生し萌芽力が強いという特徴があるので、
好みの樹形に仕立てたり 1年を通して樹形を楽しめる庭木です。

6月ころに白くてかわいらしい小花が咲きます。

小さすぎて目立たないので鑑賞には向きませんが、
その時期にミツバチがたくさん来てくれて、
花が咲いていることを教えてくれているようです。

何もしなければミツバチは刺したりしませんので、
たくさんいますが、けっして殺したりしないでください!

ここでは、ツゲの剪定時期と季節に合った剪定方法について解説します。

ツゲの剪定

ツゲの剪時時期

ツゲは時期によって少し刈り方が変わってきます。

また、ツゲの樹勢によっても刈り方が変わってきます。

地域によっても若干剪定時期に違いはありますが、

一般的にツゲの剪時時期は、

「6月~7月頃」と「9月頃」、できればこの時期に2回行なえるとベストです。

ちょっと余談になりますが、

この時期だけが剪定できる時期だと思い込まなくてもよいです。

なぜなら、庭師さんは時期を問わず
ツゲの剪定を行なっているのを見れば納得すると思います。

でもそれは、ツゲの状態を見て剪定の加減をできる
専門的に行なっている庭師さんの話であって、

一般の方が行なうのであれば、

このベストな時期に行なった方が間違いは少なくなると思います。

余談でした。

6月~7月頃が適期の理由は、ツゲの活動期の中でも
生長のテンポが一旦落ち着く時期ということがあります。

樹勢によっては、それ以降も
まだまだ伸びることもあるかもしれません。

また、元気がなくて葉っぱが伸びなければ、
無理して刈る必要もないかもしれません。

樹勢が弱いのに刈ってしまうと
枯れる方向に向かう可能性が高いです。

そこは、ツゲの葉っぱが伸びる状態が良いか悪いか、
その伸び具合や密度などを見て判断されて下さい。

そして、9月の剪定は、休眠期を迎える直前ですし、
それ以上伸びが少ないこともあって樹形を整えるのに適しています。

この時期は、6月に1回刈ったあとに伸びた葉を揃えて
樹形を整える程度に軽く刈る剪定を行ないます。

9月に行っても、そのあとの成長は緩いので、
来年の初夏までそのままの整えた姿のまま楽しめます。

9月に必ず剪定を行なわなければいけないという事ではなく、
ツゲの状態を見て剪定を行なうか判断されて下さい。

具体的には、突発的に伸びた枝葉が少しだけあれば、
その部分だけ切って整えればよいでしょうし、

樹形が特に気にならなければ、
無理して剪定する必要はないということです。

この時期は、決してガッツリと深く刈り込むことはしない方がよいです。

ツゲの剪定方法

ツゲは樹形を整えるため広い範囲を刈る刈り込みバサミで
刈り込む剪定になるわけですが、

それだけではなく、

樹形の内部の枯れ枝はできるだけ取り除いて、
風通しをよくしておいた方が生長がよくなります。

逆に、この枯れ枝をいつまでも放っておくと
内部は枯れ枝だらけになってしまいます。

この状態が続くと新芽も出にくくなり
だんだんと弱々しくなる傾向が高いようです。

それでは、時期とツゲの状態に応じた剪定方法について解説していきます。

1. 刈り込み作業の前に樹形内部の枝の整理

刈り込み作業に入る前に、時期を問わず行なっておいてほしい、
私の「個人的な願望」があります。

それは、樹形内部で「枯れている枝」や
「徒長した枝葉を抜き取る」作業を行ないます。

樹形内部や幹や枝を見てみると、
今年伸びた新しい徒長枝が
元気よく伸びていることがあります。

徒長枝を放っておくと養分を集中して取られてしまうので、
その枝葉は根元から切ってやります。

そのような徒長枝を切っても再び伸びる可能性が高いので、
見つけたらまた何度でも切ってください。

枝葉が混み合っていたりすると蒸れたり
枯れたりしますので、枝葉の整理が必要になります。

特に、樹形内部では枯れた小枝や葉が堆積しているので、
枯れ枝を取るために両手を使って
軽く揉むようにして落とす作業を行ないます。

この作業を行ってから目標の刈り込みラインで仕上がるように
伸びすぎた枝や混み合った枝を切り戻すと作業が楽になります。

このような枝の整理のあとで、
やっと刈り込みを行なうことになります。

時間がかかる作業なので、
庭師でもここまでやる人は少ないと思います。

だから、人によっては必須の作業ではないかもしれません。

ツゲをきれいに仕上げたい願望が強いのであれば、
面倒でしょうが、この作業は行なっておいた方がよいです。

2. 6月以降に伸びたツゲの剪定方法

6月~7月頃に行う剪定ですが、時期的にも一番枝葉が伸びる時期です。

ツゲの枝葉が春から急に伸びて樹形も大きく乱れるので
刈り込む剪定は、適度にですが深く刈り込むと良いです。

この時期の剪定は、深く刈っても再び新葉がつくので
安心して行なえ、仕立てを楽むように刈り込んでください。

ツゲ 剪定

7月頃以降は、ツゲの活動期の中でも生長のテンポが
一旦落ち着こうとしている時期です。

樹勢によっては、それ以降もまだまだ伸びることもあるかもしれません。

ただ、樹勢が弱いのにもかかわらず刈ってしまうと枯れる方向に向かうので、
葉っぱの伸びが悪く元気がなければ、無理して刈る必要もないです。

伸び具合や密度など、ツゲの葉っぱが伸びる状態を見て判断されて下さい。

3. 衰弱しているツゲの剪定はしない

一番気にしなければいけないツゲは衰弱している状態です。

葉が少なく元気のないツゲを深く刈り込むのは、
枯れる原因になるので、もしかしたら
剪定自体を控えたほうが良い場合もあります。

ツゲが衰弱している原因には次のようなことがあります。

 土壌に問題がある
 根詰まりを起こしている
 深く植えすぎて根が酸欠を起こしている
 ツゲ自体が衰弱している可能性がある
 周囲に除草剤をまいてツゲが弱っている
 日照不足

このように色々な衰弱している理由が考えられるので
ツゲが弱々しく感じたら剪定はしない方が良いでしょう。

樹勢が弱いのに刈ってしまうと
枯れる方向に向かう可能性が高いので、

葉っぱの伸びが弱くて元気がなければ
無理して刈る必要もないです。

ツゲの葉っぱが伸びる状態が良いか悪いか、
葉っぱの伸び具合や密度などを見て判断されて下さい。

あまりにも形が悪くなった時は、伸びすぎた部分を
切ってやる程度にとどめておくのが良いです。

4. 9月頃のツゲの剪定方法

秋の刈り込みは、樹形を整える感じで
夏に伸びた枝葉を軽めに剪定しておくと、
伸びが止まった状態で冬を迎えられます。

しかも来年の葉っぱが伸び出す時まで
整った樹形を維持することができます。

ツゲ 剪定

剪定を行なう順序は、上から下に向かって
枝葉を落としながら剪定を行なえば、
全部刈り終わった時に片付けが楽になります。

5. 究極の剪定!そこまで切って大丈夫なの?

これは究極の剪定の雑談です。

一般の方はマネしないでください。

近所での出来事です。

庭は狭いのですが、旦那さんと奥さん、息子と
孫が4人(奥さん以外全て車持ち・車6台)のお宅です。

庭を広げて駐車場にしようと計画したらしいです。

庭木の管理は車を所有していない奥さん。

奥さんが勤めに出ている間に、
速攻で庭を改造しようともくろんでいる旦那さん。

業者が来て庭の広さは半分になり、
残った庭木は、ほぼ大きな松と元気なツゲだけ。

松はそのままですが、奥さんが戻る前にと急いでいたために、
元気が良いツゲでしたが、葉っぱを残さないで

ほぼ丸坊主にして小さくしました。

奥さんが帰ってきて何と言われたかは知りません。

私が気になったのは、元気は良かったのですが、
半分丸坊主にされたツゲの今後の状態です。

今までの経験であれば、このような状態になってしまったら枯れていました。

なので問題は、その後復活できるかどうかです。

このツゲ、どうなったと思います?

実は、

5年くらいかかりましたが、

みごとに復活しました。

しかも、以前にもまして元気が良くなっていました。

よほど樹勢が良かったのかもしれません。

このツゲは、土壌の状態が良く、日当たりも全く問題なく、
しかも毎日奥さんが、出勤前に水をやっていました。

管理の状態が良かったのでしょうね。

普通であればこのように復活しないと思います。

だから、ツゲが大きくなりすぎたからといって、
ガッツリと小さくするように、
枝だけが残るような剪定は行なわないでください。

この事例は、究極の例外だと思っています。

ツゲの剪定方法のまとめ

 ツゲの剪時時期は 6月~7月以降と 9月頃がベストな時期

 ツゲの剪定は刈り込みバサミで刈り込む

 生け垣、玉物は天端を刈ってから側面を刈る

 木の上から下に向かって剪定する

 樹形内部の徒長枝や枯れ枝などの整理もできれば行なう

 衰弱しているツゲの剪定はしない

 9月頃のツゲの剪定は軽めに揃える程度に

ツゲの剪定方法を動画で解説

玉ツゲの剪定方法をわかりやすく解説している動画です。参考にされて下さい。↓
ここではバリカンを使っていますが、刈り込みバサミでも同じ要領で行なうとよいです。

イヌツゲの玉散らし剪定の作業風景の動画です。↓
基本的に刈り込む作業方法は同じなので、作業を行なう順番などを参考にされるとよいでしょう。





2019/05/05 ツゲの剪定時期と季節に適応した剪定方法 はコメントを受け付けていません。 ツゲ
ウメ キンモクセイ

サクラ 剪定 剪定ばさみ