bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

花を咲かせるボケの剪定




ボケは、もともと中国原産の落葉低木で鋭いトゲがある花木です。

日本原産のクサボケは樹高が70cmほどで株立ちしやすいのが特徴です。

この2つのボケを掛け合わせて作ったのが現在日本で多く見られるボケです。

ボケは品種改良で生まれたものが多く、紅色や白色、黄色など種類が豊富にあります。
5.11-1a

ボケの花芽はいつできる?

ボケの剪定をする前に花芽のつき方を知っておく必要があります。

ボケの開花時期は3月中旬~5月上旬ころです。

花芽ですが、今年伸びた枝にはその年は付きません。

花芽のつき方は、今年伸びた枝があれば次の年の8~9月頃に
その枝の元部の枝葉が少し伸びたその部分に花芽が形成されます。

写真の赤線の位置から先が今年伸びた枝だとすると、赤丸の位置に次の年の8~9月頃に花芽がつきます。
5.11-3a

そして花芽がついたその次の年の春にその位置に花が咲きます。
5.11-2a

ボケの剪定時期はいつ

ボケの花芽は 11月以降になると花芽を確認できます。
5.11-4a

ボケの花を咲かせて楽しむための剪定時期は、
花芽がわかりやすく花芽も落とさずにすむ
11月すぎの落葉期が最も良い時期になります。

そして11~2月の剪定時期に行うと良い点は、
葉がないために内部の込み入ったところまで確認
できるので混みあった枝を切り取れます。

ボケの剪定方法

ボケの剪定に関して、新しく伸びた枝は先端を詰めておくと、
次の年に花芽がつく予定の枝になることを理解しておいてください。

ボケの剪定方法ですが、花が咲いた後すぐに、
樹形を整えるように先端部分は切り詰め
不要な枝は枝元から切り取る作業をします。

枯れ枝や弱い枝、不要枝を整理するとともに、
乱れた枝は枝が分かれた部分で切り取ります。

若くて元気のある伸びやすい徒長している枝や、
上に向かってからみ合っている枝を抜き取ります。

木が古く大きくなった場合の剪定

木が古く大きくなった場合の剪定は、まず古い枝を根元から30cmくらい残し
青線の位置あたりで一度短くするように整理します。
5.11-5a

この時逆さ枝や、ふところ部分にある枯れ枝や弱い枝
混みすぎている部分も全て切り取り整理します。

次に高さを決め、その位置に合わせて
伸びた枝を切り詰めて樹形を整えます。

花後に伸びた新梢が樹形を乱している場合は、
新梢の先端を二節くらい止める程度とします。


2015/05/11 花を咲かせるボケの剪定 はコメントを受け付けていません。 ボケ

血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa