リフォームをお考えなら増税が絡むため見積もりは早いほうが良さそうです

2019年10月1日から消費税率が10%に増税されます!

気になるリフォームにかかる消費税

現行の消費税が8%から10%へ引き上げられることで、
暮らしにどれほどの影響が出てくるのかが気になりますよね。

特に住宅購入やリフォームなど大きな買い物を検討しているかたは、
どのタイミングで買うのが良いのかと真剣に悩んでいるかもしれません。

特に最近「消費税が10%に上がる前にリフォームしませんか」
というチラシなどが入ってきませんか?

そのようなチラシのせいでリフォームについて考えさせられるかもしれません。

特に施工料金が大きなリフォームは消費税が気になるかもしれません。

たとえば、リフォーム費用が200万円の場合、8%だと16万円です。
10%だと20万円なので、その差は4万円です。

この差を大きいと思われるか、思われないかによって、
施工を急がなければいけなくなるかもしれません。

なぜなら

消費税が上がる前の契約時期や施工完了時期によって、リフォーム費用にかかる
消費税額が変わることを理解しておかなくてはいけないからです。

リフォームにかかる消費税の問題点

2019年10月1日から消費税率が10%に増税されますが、
ここで、住宅購入やリフォームをする際に消費税の問題が生じます。

増税の前日の9月30日までにリフォームの契約をすれば良いのでしょう?
と思いがちですが、実はこれではとても間に合いません。

税率8%を適用するためには、9月30日までに
リフォームの引き渡しが完了していることが必要になるからです。

経過措置として、リフォームの引き渡しが10月1日以降になっても、
2019年3月31日までに契約を締結していれば税率は8%が適用されます。

リフォームをお考えてなら急がなくてはいけない理由

整理してみますと

2019年3月31日以前に請負契約をしていれば、
引き渡しが10月1日以降でも、消費税は8%のままです。

2019年10月1日以前に購入の契約をしても、
引き渡しがそれ以降なら、消費税は10%に上がります。

これは、住宅の購入でもリフォームに対しても同じ措置が取られるようです。

リフォームをお考えの場合には、リフォームの時期を意識しておかないと
余計な出費に悩まされることになりそうです。

リフォームを進めようと地元の知り合いの業者に
頼もうと考えているのであればそれで良いでしょう。

もしも、知っている業者がいなければ、どれくらいの料金を取られるのかわからないと思います。リフォームを頼む業者によっては桁外れの料金を取られることもあるので、比較して安心を得るために、数社から一括見積りを取ってみたらどうでしょう。

↓ ここに頼むと、一括で見積もりをしてくれるので、業者を探す手間が省けて楽ができます。