bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

剪定時にトイレが近いと大変じゃないですか




剪定は冬にきれいにしておくのが大事なのですが、ひとつ問題があります。

剪定の時に意外と大変なのがおしっこがしたくなることです。

「したくなったらすればいい!」と思うかもしれませんが、そのようにうまくいかない事情もございます。

朝作業に入る時にお得意様に、寒いからと気を使われコーヒーをごちそうになる時があります。

ところが、コーヒーは利尿作用が強くすぐにおしっこが貯まってしまうんです。

これがその後とんでもないことになり、1日の作業に影響が出るのです。

寒い朝に飲んでしまうと、極端なことを言うと15分後くらいにおしっこをしたくなります。

お得意様には申し訳ないですが、出されたものを飲まないわけにはいかないので気持ちがつらくなります。

12-13-3

これについては、私は若いころから経験しているので自分で気をつければよいことですが、問題は病的に排尿に困難がある方の場合です。

すぐに漏れてしまったり、残尿感があったり、終わったはずなのにどうもスッキリしない感じがする、いわゆる前立腺肥大症などによる排尿障害です。

剪定は外作業なので、特に危険というか、感染する病気なども多くあり、作業していると手袋がだいぶ汚れているのがわかると思います。

そんな時におしっこがしたくなったら外でそのまま用を足してもよいのでしょうが、手には雑菌類などがたくさんついているので、何かの拍子でモノを触ってしまうと大事な部分が病気に侵されかねません。

ということは面倒でも手をしっかり洗って、家のトイレですることが一番望ましい行為だという事です。

冬になると寒くなりいっそうトイレが近い状態に陥ることを感じることでしょう。

そのたびに手を洗って家の中に入りトイレで用を足すなんてことは、トイレが近い頻尿の方には大変な問題です。

人によってはおしっこをした後に残尿感があり、寒いと余計に感覚がおかしくなってしまうことでしょう。

キレが悪かったり・・・
物を閉まった後にチョロットでてしまったり・・・

毎回こんな状態では剪定も嫌になっていまうかもしれませんね。

薬?とんでもないです!

病院に行けば薬を処方さるので飲むことになるわけですが、薬って体を良くするものだと思うかもしれませんが、何かしらの副作用がどこかに表われ、実は体に悪いものなのです。

一時しのぎでよくなるかもしれませんが、どこか違う部分が悪くなる可能性もあります。

薬はそれほど危険なものなのです。

でもほとんどの人は薬に頼ってしまいます。

薬の場合は、早く治せるかもしれませんがその分リスクが伴います。

自分も頭痛がする時は薬を飲むので否定はしませんが、それが現代の治療法になってしまっています。

では体に悪い薬を飲まなくても、健康的に前立腺肥大症などによる排尿障害が改善できるとしたら、うれしいですよね。

そのような、安全に改善する方法をお探しなら、こちらのページへ立ち寄ってみて下さい。

>>排尿障害が怖ろしい!前立腺肥大症を改善する対策


2016/12/13 剪定時にトイレが近いと大変じゃないですか はコメントを受け付けていません。 相談事

血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa