bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

アケビを育てるにはどのような方法があるか?




アケビって山にあるものだから勝手に育つのではないか?と思われるようですが、山で自生するのとと庭植えではどうも勝手が違うようです。

庭で育てるにはある工夫が必要なようです。

10-8-8

アケビの種類にはどんなのがあるか?

普通、アケビといえば紫色の実を想像すると思いますが、日本に自生するアケビ科の植物はアケビ、ミツバアケビ、ムベの3種があります。

ゴヨウアケビは5枚の葉、ミツバアケビは3枚の葉、ムベは3~7枚の葉っぱがあります。

10-8-4 10-8-15 10-8-16

もっと細かく言えば、アケビには5種類があり、ミツバアケビにも2種類アケビがあるようです。

アケビの芽

10-8-5

アケビの蔓

10-8-7

この蔓が集められて・・・

10-8-20

きちんと束になり・・・

10-8-21

この蔓が加工されて籠などに変化するようです。

10-8-19

アケビの育て方

アケビは日向でも日陰でも強く育ちます。

実はアケビは受粉効率が良くないので、自然にまかせて育てても実は期待できないようです。

環境などにもよりますが、アケビの実は種から育てると10年くらい経たないと、
苗木を植えた場合は 3年以上経たないと、花は咲いても実が成らない傾向があります。

実はアケビの木に雌雄の区別はありませんが、花には雄花と雌花があるようです。

アケビはきれいな紫色の花がたくさん咲き、その後長い卵型の紫がかった実になります

たくさん咲く小ぶりな花は雄花、大ぶりなのが雌花、これらが受粉すると結実します。

10-8-18 10-8-17

自然にまかせて育てた場合だとほとんど実がつかない傾向があり、人工授粉が必要になります。

このことからも別の株があると結実しやすくなるみたいですが、単独でも実がつくこともあるようです。


血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa