bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

カリンの剪定方法と剪定時期




カリンはバラ科の落葉高木で、樹高が6mにもなる木です。

薬用植物として中国から渡ってきましたが、そのカリンの効能は、喉の炎症を和らげたり、咳を止めたり、利尿作用、疲労回復、生活習慣病の予防、美肌効果まどがあります。

用途としては、カリンの果実は固く渋みも強いため生食はできず、砂糖漬けやカリン酒、ジャムなどに使われます。

ここではカリンの剪定方法と剪定時期について解説します。

カリンの特徴

カリンは 4月下旬に淡紅色の美しい花が咲きます。

4.17b

芳香性がある実で、カリン酒など色々な
使い方がある黄色い大きな実も楽しめます。

4.17c

幹にも特徴があり夏にうろこ状にはがれ幹がまだら模様のようになります。

4.17a

カリンは花・実・樹形の3つを楽しめる木になりますが、
その趣のある姿を楽しむ観賞用の庭木として扱われています。

カリンは雄花と雌花の区別はないのですが、受精して果実となる花のめしべの下の端の
ふくらんでいる部分(子房)が大きい方が実も大きくなるようで、開花時に子房が大きいほうへ
別のカリンの花粉をつけてやると結実がよくなります。

カリンは、食物繊維、糖質、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、
カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、リンゴ酸、クエン酸、アミグダリン、
タンニンなど、こんなにたくさんの成分が含まれている優れた薬用植物です。

果実の成分が咳や痰、のどの炎症に良いとされていて、
漢方では果実を乾燥させたものを、鎮痛や咳止めなどに用いています。

また抗酸化作用のあるビタミンC、サポニン、タンニンは
生活習慣病を予防し、クエン酸は疲労回復に役立ちます。

カリンの剪定時期

花芽は前年生枝タイプなので、前年に伸びた充実した新梢に花芽がつきます。

7月ころから花芽が育ち始め、翌年の春に開花しますが、
花となる芽は充実したごく短い枝にだけつきます。

そのため短い枝をすべて切り捨ててしまうと花は咲きませんし、
自然樹形が乱れてしまいますから、短い枝を残すことを心がけます。

カリンの剪定時期は、芽の活動が早くはじまることから
11~2月の間に行うようにしたほうがよいです。

この時期の剪定は、徒長枝を間引いたり、ふところ枝、胴ぶき、ヤゴ、
枯れ枝、からみ枝など姿を乱す枝を、枝のつけ根から間引きます。

カリンの剪定方法

カリンは立ち枝が出やすいことが特徴なので、横に広がって伸びるような枝となるように、ほどよく四方に枝が配分されるような自然樹形を崩さずに、大きく育ちすぎないような剪定を行います。

カリンの剪定方法ですが、まず徒長枝を間引き、ふところ枝、胴ぶき、
枯れ枝、からみ枝など樹形を乱す枝を枝のつけ根から全て切ります。

樹勢が強い長い枝は元から切除し、立ち枝は切除して
横枝から出た横に伸びる枝を多く残すようにします。

これらに注意して剪定を行うと、四方に万遍なく枝が配られた
横に伸びる自然に近い枝ぶりになります。

また立ち枝を残す場合は、枝の先端を3分の1くらいで切り詰めて、
横向きになるようにひもなどで下枝や地面方向にに引っ張っておきます。

とにかく立ち枝が出やすいので、枝先の切り詰め作業は
横に伸びる枝づくりを気にして行うようにするといでしょう。

この場合、必ず外芽を残し外芽のすぐ上で芽の伸びる方向を見ながら切りますが、
内側の芽で切りつめると強い立ち枝になり樹形を乱します。

十分に成長した木になると、剪定をしなくても花や実を楽しむことができます。


血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa