bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

シマトネリコの花が咲かない理由




シマトネリコの花が咲くことは意外と知られていないかもしれません。

8.30

シマトネリコは「モクセイ科トンレイコ属」で5月下旬から7月頃に枝先に白くて小さな花をつけます。

ここでは、シマトネリコの花についてお伝えしていきます。

シマトネリコの花には当たりハズレがある

シマトネリコの花は通常、およそ 2mほどの背丈くらいの年数を経たあたりから、枝の先に白い大きな花序を出し、白いがく、5mmほどの小さい白い花を咲かせていきます。

植え付けの年数や大きさ、環境やその木の生育状況の差にもよりますが、植えてから何年経っても花が咲かない樹もあるようです。

シマトネリコは、雌雄異株(しゆういしゅ)と言ってオスとメスの別々の木なので花の咲く木咲かない木があり、極端なことを言えば当たりハズレがある木です。

シマトネリコの花が咲く時期

シマトネリコの花が咲く時期は、5月下旬ころから7月ころにかけて咲きます。

枝先にできる白い大きな花序に小さい花をたくさんつけて房のように咲き乱れ、やがて咲き終わると結実して白色の翼をもったタネが現れます。

小さくて白い花は、遠くから見ると煙のような感じを漂わせて見える繊細な花です。

花の咲く時期はミツバチもけっこう集まってきて騒々しいようです。

シマトネリコの実がなる時期

実は8~9月頃にでき、花が終わってすぐに白色の翼をもったタネがなります。

花の数だけ実がなるので結構どっさりとできるようです。

シマトネリコの花が咲かない

シマトネリコの花が咲かないという疑問がある方もいるようですが、

シマトネリコは、雌雄異株(しゆういしゅ)と言いオスとメスの別々の木なので、花の咲く木咲かない木があります。

残念ですが、雄株の場合いつまで待っていても花を咲かせることはなくハズレです。

もしもハズレでない場合、花を咲かせるにはある条件が必要になるかもしれません。

ある条件とは、若木にはあまり花をつけてないようなので、植え付けからある程度の年数や大きさ、花を咲かせるくらい成熟しているかということです。

環境にもよりますが、2mで花が咲く木もあれば、3mになってやっと咲く木もあるので、まだ花が咲いていないというのならもしかしたら次の年にいきなり花が咲くということもありえます。

シマトネリコの花言葉

シマトネリコの花言葉には「威厳、偉大、服従、思慮分別、高潔、荘厳」があります。

 


2015/02/05 シマトネリコの花が咲かない理由 はコメントを受け付けていません。 シマトネリコ

血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa