bnr-mitumori2
ウメ キンモクセイ

モミジ 剪定バサミ

サルスベリの花を咲かせる剪定




百日紅の花が咲かない・・・

と悩んでいるお客様になんでだろうねぇ?
と相談されました。

それはなんでかというと

もしかしたら、

しばらく剪定しないために
細かい枝ばかりが放任して枝先につく花芽まで
養分が行き渡らないのかも・・・

とお伝えしました。

なので花が咲き終わり葉っぱも落ちた11月に不要な枝を全て切ってみました。

次の年は前年度よりも花付きが良かったようです。

次の年も同じように、花が咲き終わり葉っぱも落ちた11月に
不要な枝を全て切る同じ作業をしました。

そうしたところ、次の年も
さらに前年度よりも花の付き具合が良かったようです。

百日紅の花の咲き方は、その年に伸びた枝の先に花が咲きます。

なので前年度に咲いた花や枝の存在は関係ないので
花が咲いていた枝は全部切っちゃって大丈夫です。

百日紅の剪定時期はいつがいい?

百日紅の剪定時期は 一年のうちいつやったらいいですか?

と聞かれることがあります。

百日紅の剪定は、遅くても新芽が出る前の
4月ころまでには済ませておきたいところです。

時期的にベストなのが、だいたい葉っぱの落ち切った
11月から新芽が出る前4月ころの間までには済ませてくださいね。

そうすることで、その年の新しく伸びる枝の先に
百日紅の花がしっかりと咲いてくれるはずです。

百日紅の剪定方法

百日紅は、記事のはじめで花が咲かないと相談された例のように

その年の花が終わってから剪定しておかないと
次のとしに前年に伸びた枝の数だけ養分が吸い上げられるので
多ければ多いほど養分が分散されるようです。

その結果次の年の花がつきにくいと思われます。

百日紅は春に新芽が出てから花が咲き終わりるまでに
1mくらい長く伸びる枝もあります。

そんなに長い枝が何十本もあるのですから
よほどの勢力がないと花のつく枝先まで
養分は到達できないのかと思います。

またまた記事のはじめで、
百日紅の花が咲かないと悩んでいるお客様に
相談紹介された例ですが

実はこの百日紅の木はこんな木でした。

その百日紅は年々花が咲かなくなってきたといいます。

樹高3.5mくらいの百日紅で、
日当たりばっちりのところに植えてあります。

しかし、剪定はというと今まで何十年と
やった記憶はないということでした。

そこで、花が終わり葉っぱが落ちた11月に
百日紅の剪定箇所の定番の枝の太いところで
とりあえず切り戻し剪定してみました。

それで次の年に花はどうなったのかというと
結構たくさん咲いてくれました。

咲いてくれてよかったです!

百日紅の剪定箇所

百日紅の剪定箇所は、

百日紅の剪定箇所の定番の太い枝の最終地点で
今年伸びた枝を毎年同じところで剪定します。

切ったあとの残された枝の部分が中途半端に長く残すと
見栄えが悪くなります。

長い枝は根元からすっきり剪定します。

次の年も同じところで剪定しますが、
だんだんと握りこぶしのように丸く
ゴツゴツなっていきます。

なので、次回どこで切ったらいいか忘れることは少なく
同じところで切れば良いです。

つまり、百日紅の剪定で花を咲かせるには
毎年同じところで剪定すると
花が咲いてくれるはずです。

もしも花つきが悪かったり、
今まで百日紅を剪定していなかったのなら
一度剪定してみることをお勧めします。


血糖値がなかなか下がらない方に!

3.18aaa