盆栽の剪定方法と庭木を比べたらどちらが難しいか

最近思い出したのですが、私は始めに盆栽が好きになって盆栽の剪定を覚えるのには庭木の剪定を覚えればよいのかなと思い、庭師に弟子入りしたことを思い出しました。

今までに盆栽もチャレンジしたことはありましたが、盆栽は時間がないと管理することが難しいので忙しい身の上の人には難しいと思います。

でもこれから庭木の剪定を覚えるのには、盆栽の剪定方法を知っておいたほうが、庭木の剪定が楽に感じると思いますよ。

その理由をこれから解説します。

5.6c

盆栽の剪定方法を覚えると庭木が楽に感じる理由

盆栽を育てるのにやることといえば、植え替えをしたり、肥料をやったり、毎日水を与えたり、害虫対策をしたり、針金かけをして樹形を変えたり、枝を選んで剪定したり・・・

1本の木にこれだけのことをしなければならず、しょっちゅう気にしながら管理していかなければならない手間がかかるので、はっきり言って時間と根気がないと盆栽は難しいです。

盆栽は小さいので剪定自体は楽なのですが、庭木の場合よりも考えながら枝を選んだり神経質にやらないといけないので、かえって難しいと感じるかもしれません。

盆栽1本にこれだけのことをするのですから、一通りの管理方法が学べるわけです。

だから盆栽の手入れや管理方法を先に覚えておいた方が、庭木の手入れをする時に簡単に感じるわけなのです。

庭木は盆栽が大きくなっただけですし、それほど神経質になる必要がないですから^^

庭木と盆栽の比較

ここでは庭木と盆栽を比較した時の良い点と悪い点をお伝えします。

盆栽の悪い点

はじめに庭木と比較した時の盆栽の悪い点をあげておきます。

盆栽は小さい器の中で楽しむものなので、絶対に大きく育ててはいけない木です。

先ほどもお伝えしましたが、とにかく盆栽は植え替えをしたり、肥料をやったり、毎日水を与えたり、害虫対策をしたり、針金かけをして樹形を変えたり、枝を選んで剪定したり・・・
とてもデリケートですし大きく育ててはいけないので、とにかく手間と時間が必要です。

朝早く出勤して夜遅く帰ってくる忙しい人には続かないと、経験上感じます。

盆栽を育てるのは花に水を与えるように、ただ水だけを与えれば良いというものではありません。
水の与え方ひとつとっても根腐れをおこしたり、逆に乾燥しすぎて枯れたりします。

盆栽はあの小さい器の中でしか栄養を摂れないですし、葉や花、枝の状態からしか生育状況がわからず、痛い、苦しいの感情が伝わってこないのですが、とてもデリケートで育てることはとても難しいのです。

逆に、庭木の場合は器の中ではなく広い土壌から栄養を摂っているので、放っておいても育ちますし、樹勢も回復能力も高く盆栽ほどデリケートではないです。

庭木の剪定は大きいのでゴミが出たりと大変ですが、何もしなくても育つのが良いですね。

庭木にはできない盆栽の利点

先ほどとは逆に、庭木にはできない盆栽の利点をあげておきます。

 盆栽は、高い所に登らなくてよいので危険が伴わない
 各地に同好会みたいなのがあるので実際に見せ合ったり意見交換することができる
 庭木は動かないが盆栽は簡単に動かせる
 盆栽は木が小さいので容易に全体を見渡せるので樹形を確認しながら剪定できる
 上からも覗きこめるので、混んでいる枝葉、からんでいる枝葉、枯れ枝、光が枝葉に当たっているのかが容易にわかる
 庭木ほど害虫に心配しなくてよい
 剪定した後の枝葉が少ないので処分が楽
 家の中でもどこにでも置ける
 小さいので場所を取らずたくさんの種類を楽しめる
 はまってしまう
 針金をかけて枝の向きを容易に自由に変えられる
 価値が高い
 1本でも楽しめるし、たくさんの木を寄せ植えしても楽しめる

考えただけでも庭木と比べると盆栽にはこんなに利点が多いんです。

実はこれらは全て、剪定につながっていることを感じ取ってほしいです。

これらのことより、盆栽の技術を学んでおくと庭木の剪定は楽に感じると思います。

小さい盆栽が大きな庭木になっただけで、大雑把になった分、楽なのです!

試しに明日にでもひとつ好きな盆栽を買ってきて挑戦してみるとよいです。

盆栽はアマゾン(通販)でも売っています。
自宅で桜を楽しめる「桜盆栽」

盆栽が初めてで剪定方法がわからない、庭木の剪定方法がわからない時には、このDVDで細かいところまで教えているので勉強してみるとよいですよ。
庭木の剪定が簡単に感じる盆栽の剪定方法 [DVD]

というか私の体験上、庭木の剪定を早く楽に覚えたいなら、
この盆栽の剪定DVDで半強制的に覚えた方が得策です。

盆栽をすすめる最大の理由

盆栽は手間をかけたくらいそれに応えてくれるので、私は時間があれば庭木よりも盆栽に手をかけたい派です。

盆栽は庭木よりも奥が深いので、もしかしたら庭木ではなく盆栽の虜になり、
庭木よりも興味を持つことになるかもしれません。

5.6b

庭木は剪定をしてもまたすぐに伸びて剪定したゴミの処分量も多く大変ですし、人間の思いとは逆に向いていると私は最近庭木に反感を抱きストレスを感じてきています。

あなたはそのうち体力的にも健康的にも苦難が生じてくると思いますが、その時に庭木は放置するのではないでしょうか?
その時のことを考えると、私は庭木はある程度整理して盆栽に移行していった方がよいと考えていますし、そうするつもりでいます。

ハサミを握れなくなり体が思うように動かなくなってきた私が感じるのですから、それが得策だと思いますが、これはあくまでも私個人の思いなので、もちろん押し付けることはできません。

でも、趣味として楽しむのであれば庭木よりは盆栽のほうが
大きな盆栽からミニ盆栽まであるので手掛けるのが断然面白いですよ!

ミニ盆栽は知っていましたが、こんなに小さい超ミニ盆栽があるなんて、すごいです!
5.6a

庭木の手入れもよいですが、私は盆栽を手掛ける趣味に
いちどチャレンジしてみることをおすすめします。

もちろん庭木の剪定も必要だと思いますので、その時はこの盆栽の剪定DVDで、
庭木の剪定方法の基礎を覚えることを強くおすすめします。
庭木の剪定が簡単に感じる盆栽の剪定方法 [DVD]